情報備忘録として、アクセスアップの小技やネットで使えるツール等をメモる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Webページ上の操作をマクロとして記録再生できるFirefoxの拡張機能「iMacros」Webページ上での一連の操作を自動化して日々の作業を簡略化が可能。
サイドバーが追加され、自動クリックが可能となる。カテゴリー毎にフォルダ管理保存する。
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/04/18/imacros.html
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/3863
スポンサーサイト
ブラウザーのアドレスバーに出るアイコンを表示する場合には

<link rel="shortcut icon" href="ここにファイル保存先アドレス(ファイル名example.ico含む)を入れます">

このようにタグを記述します、アイコン作成時は16×16ドットで作成し、拡張子をicoとします。
①アイコン作成→②アイコンファイルアップロード→③タグを記述
※タグ記述の際はファイル保存先は絶対パスで記述
 アイコン(jpg gif png)作成後に拡張子をicoに変更が必要
Google検索順位を調べるウェブツール

http://www.seoseo.net/

【検索種類が複数あります】
1.キーワードポイントチェック
  検索キーワードがどの程度の適合性を持っているかを調べる
2.グーグルキャッチ
  検索結果500位以内に対象とするURLが存在するかを調べる
3.ヤフーJAPANキャッチ
  Yahoo!JAPAN検索の検索結果500位以内に対象とするURLが存在するかを調べる
4.マッチングURLチェック
  特定キーワードにどの各検索エンジンが高い出現率かを調べる。
5.MSNキャッチ
  MSNサーチの検索の検索結果500位以内に対象URLが存在するかを調べる
ページランク(GooglePageRank)は、サイトのランクとは違いそのまま各ページのランク(重要度、人気?)を意味します。結果、トップページのランクが高くても、サブページは低い状態(←例えです逆もアリです)になります。

PageRank(ランクは0~10)の確認方法はGoogleToolbarをインストールする必要がありますが、オフィシャルの方法とは別にWEB上でも確認が可能です。ただし、これはGoogle公認(GoogleToolbar)とは異なるので、ツールバーを使用できない方(インストール規制されている環境、OSの種類が違う、OSがちょっと古い・・・)は、それなりに活用してください。

WEBで確認する時のURL紹介
http://pagerank.bookstudio.com/
 規制はありますが、納得ですね長期展望者向け。
http://www.pagerankon.com/
 これ、結構楽しいです。自分のサイトにページランクチェッカーを表示させる事ができます。
http://cubeclassic.com/pagerank/
 5ページ分を一気に確認できます、複数ページのランクチェックにお勧めします。

最後に、メモ。
PageRankは検索結果の順位とは異なり、ランクが高いからといって必ずしも検索上位になるとは限らないので注意が必要です。
ページランクが高い所からのリンクだから、自分のページが検索結果の上位になるとはかぎらないのです。ページランクは偽装がありえるようなので、目安として楽しむ程度が良いと(現状では)思います。



デジタル系求人サイト「Job-Link!」



SEO

CREST
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。